FC2ブログ

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

662 清願寺ダムE 

2015GWは、1日も休む事なく仕事組ですた。   仕事は仕事で、面白いんで充実しまてます。  ←ホントに?? 負け惜しみじゃないの??  いえいえ、そんな事ありません。  仕事を頂けるだけ、幸せ者です。  はい。


川辺川第二発電所 本流取入口 につづきまして、次の目的地へ移動中スーパーで、食糧調達して行きます。
DSCN8842清願寺
今は見る事の少なくなってしまった、昔懐かしいご近所スーパーだ  ガチャガチャもあるし♪


ご当地スーパーは、できるだけ立ち寄ります。  地元じゃ売ってない商品を、見つける楽しみがあるので♪




  今回の主役、清願寺ダムに到着しますた。
DSCN8843清願寺





() キラーン!   ルート発見!
DSCN8844清願寺





いきなりですが、行ってみます。
DSCN8846清願寺





堤高60.5m 堤頂長199m 1978(S53)竣工 目的FA 熊本県管理。
DSCN8847清願寺





(*´ω`*)  立禁になっていないのが、良心的でつ。
DSCN8848清願寺





Σ(°∀°*)!!   むむむ!  何だろう??
DSCN8849清願寺





水管橋??
DSCN8850清願寺





何の設備か、建屋が。
DSCN8851清願寺





この設備の詳細が、気になって
DSCN8852清願寺





しょうがないです。
DSCN8853清願寺





導流壁も、かなりの高さがありますた。
DSCN8854清願寺





ホイストも
DSCN8855清願寺





堤頂へ戻ってきますた。  体力を消耗してしまいますた。
DSCN8859清願寺 - コピー





(σ´□`)σ  水利看板ゲト。
DSCN8860清願寺





ヴィッツさんも、記念撮影
DSCN8863清願寺





今回この清願寺ダムをチョイスしたのは、444 大久保山ダムEの記事を書くに当たり、
DSCN8864清願寺
アースダム堤高日本一が、このダムだと知り、機会があれば行ってみたいと思っていたからです。  はい。






サイレンズの奥に、百葉箱がありますた。
DSCN8866清願寺





ダム名石。
DSCN8867清願寺





でわ、参りましょうか。
DSCN8868清願寺





いや、やっぱり吐をチェックします。
DSCN8870清願寺





どうにも、我慢できませんですた。
DSCN8869清願寺





ホントなら、ガードレール下のフェンスから撮影したい所ですが、立禁ですた。  orz
DSCN8871清願寺





( ̄― ̄)  チッ! (←仂さんより引用)  面白くない!
DSCN8872清願寺





ダム湖。
DSCN8874清願寺





対岸まで、行くのが面倒で行ってません。   あははは!  ←笑ってごまかす。
DSCN8873清願寺





この設備が、気になりますが行ってないので、ちょっと後悔。
DSCN8875清願寺





アースダムで、堤高こそ日本一ですが、
DSCN8876清願寺





正直、444 大久保山ダムEの方が、好みです。  さーせん。
DSCN8877清願寺





あくまで、ぼく個人の好みなので、気にしないで下さい。  決して、清願寺さんを否定してはいませんので、あしからず。
DSCN8878清願寺
画、欄干チェック。





そろそろ、行きましょうか。
DSCN8879清願寺



訪問日、2015/01/05  次回、  栗野発電所 阿波井堰  の巻き。




おまけ。

さっきのスーパーで、昔よく買っていたチョコがあったので、糖分補給♪  散策で、お腹減ってて。 
DSCN8857清願寺
(*´¬`)  このチョコ、ねちょねちょした独特のモチモチ食感が、美味しいんでつよね。   駄菓子って、大好物でつ。


余談:  めざせまるきんチョコってシール入りのも、ぼくの少年時代にあってよく買ってた。  ビックリマンとか、あっぱれ大将軍チョコとか他にもいろいろあったよね。  当時のコレクション取っておけば良かった。  全部、貼ってしまった。

当時ビックリマンなんて、すごい人気で1人2個までの制限で、ぼくの買った2個ともヘッドっだったのは、分かる人にしか分からない自慢です。   あ~、懐かしくてついつい。   (*´ω`*)ゞ テヘペロ



(∩´∀`)∩   やったー!!   当りくじ付きの駄菓子って、サイコー!!
DSCN8858清願寺
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kirihoshi.blog.fc2.com/tb.php/378-e66185bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。