FC2ブログ

07 | 2018/08 | 09

363 一ツ瀬ダムA  

一ツ瀬ダム  その1


前回の鶴田ダム→ 阿久根商店 自販機コーナー→ 一ツ瀬ダムへと、約300㌔を夜間移動するとゆうミッションです。

泊まりがけのダムめぐりで、次の目的地までかなり距離がある場合、夜間移動ってのは日照時間を稼げるので使えます。  はい。



逆調整の杉安ダムにも、4年振りのご挨拶♪
DSCN9131一ッ瀬ダム

この日は、一ツ瀬ダム湖畔で車中泊しますた。 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




おはようござます。
DSCN9137一ッ瀬ダム





今回の具は、幼少期の頃おじいちゃんちに泊まりに行くとよく食べてた、丸大食品 チキンハンバーグ をチョイスしてみますた。
DSCN9139一ッ瀬ダム
包丁で、挟みやすいようにカットしますた。





マヨをトッピングしまーす。
DSCN9140一ッ瀬ダム





ヤマザキふんわり食パン6枚切は、バウルーにはピッタリです。
DSCN9141一ッ瀬ダム
でも、今回は5枚切です。 これしか売ってなかったんで。





ちょいちょいコマメにひっくり返すのが、コツです。   はい。
DSCN9142一ッ瀬ダム
こうゆう作業も楽しいんですよね♪





美味しそうに出来上がりますた。
DSCN9143一ッ瀬ダム
思ってた以上に、チープな味わいですた。  マルシンハンバーグの方が、良かったかも。





九電一ツ瀬資料館は、残念ながら閉館してしまい、
DSCN9144一ッ瀬ダム





現在は、『NOSON』ってお店になってました。
DSCN9147一ッ瀬ダム





くっ!  去年に行っておけば、試験放流動画を押えれたのにwっ!  フリーランスは、ホント辛いっす。
DSCN9148一ッ瀬ダム





残念ながら、雨です。  
DSCN9151一ッ瀬ダム





この一ツ瀬ダムは、今まで見てきたアーチ式ダムの中で、1番好きです
DSCN9152一ッ瀬ダム
黒部ダムは別格で、ぼく的に殿堂入りしてまつ。





初めて見たときの、あの感動が忘れられなく、
DSCN9153一ッ瀬ダム





いつの日かまた会いたいと、ずぅーっと思ってたワケです。
DSCN9154一ッ瀬ダム





せっかく再会できたのに、
DSCN9155一ッ瀬ダム





雨でキレイに撮れません。  ←腕が悪いクセに。
DSCN9156一ッ瀬ダム





まるで、ポリゴン。  (*´Д`)'`ァ'`ァ  この造形美ときたら、たまりません
DSCN9157一ッ瀬ダム





アーチ式で、このジャンプ台
DSCN9158一ッ瀬ダム





両岸に装備どころか、堤体中央にも非常用ラジアルが。
DSCN9160一ッ瀬ダム





こんなに個性的なダムは、そうはない。
DSCN9161一ッ瀬ダム





個性的なダムが、大好物です。   うん。
DSCN9162一ッ瀬ダム





こうして書きながら、改めて画像を見てますが、ヨダレが止りません。  (*´¬`)
DSCN9163一ッ瀬ダム





これを垂涎ものとは、良く言ったものです♪
DSCN9164一ッ瀬ダム





この白くて美しいのも、ぼくを魅了して止みません。
DSCN9165一ッ瀬ダム





クレスト全門放流すると、すごい事になるんですよ。  (試験放流動画でしか見た事ないけど)
DSCN9166一ッ瀬ダム





3ヶ所から放流された水が、1ヶ所でぶつかりあって、
DSCN9168一ッ瀬ダム





その勢いを相殺する仕組みになってまつ。
DSCN9169一ッ瀬ダム





コンデジのシャッターが止りません♪
DSCN9170一ッ瀬ダム





やっぱりカッコ良過ぎです
DSCN9173一ッ瀬ダム





同じ様な、アングル申し訳ないですが、止りません。
DSCN9174一ッ瀬ダム





これでも、端折ってます。
DSCN9176一ッ瀬ダム





ココから、撮影モード設定を変えて、同じアングルからの撮影ギャラリーになります。
DSCN9177一ッ瀬ダム





DSCN9178一ッ瀬ダム





DSCN9179一ッ瀬ダム





DSCN9180一ッ瀬ダム





DSCN9181一ッ瀬ダム





DSCN9182一ッ瀬ダム





642 白川発電所 本流取入口G でも活躍した脚立ですが、実は一ツ瀬ダムを見る為に持ってきたんです。
DSCN9167一ッ瀬ダム



訪問日、2015/01/06  次回、  板谷取水ダム  の巻き。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kirihoshi.blog.fc2.com/tb.php/388-32731779